「白蓮寺」と「住職」についてご案内いたします。
東永山妙行寺(さいたま市)の別院として平成13年に蓮田に建立されました。「妙行寺別院」から平成20年夏に「白蓮寺」と称し現在に至ります。長閑な自然が残るこの地は仏道修行はもちろんのこと、ストレスを多く抱える現代人の心の洗濯や精神修養の場としては最適な環境です。堂内には釈迦牟尼像、四菩薩像、観世音菩薩像、鬼子母神像、日蓮聖人像が鎮座し、参詣する人々の願いを聞き入れてくれます。

当寺は現代の葬儀や法事だけの仏教ではなく、従来からあるお寺の役割を見直し人々の心を養う寺子屋として、迷いの多い人生においては駆け込み寺となり、人々が集まり心の拠り所となるようなお寺を志しております。

活動として、れんげの会(毎月開催)その他、写経・写仏練習会、読経練習会、体験修行会、仏教講話会等を個人、団体を問わず随時予約制にて受け付けております。

お気軽にご相談下さい。



佐々木 康文(こうぶん)

昭和46年
昭和56年
昭和57年
平成06年

平成06年
平成09年

平成13年
平成20年
平成24年


11月3日生まれ 埼玉県出身
東京都 池上本門寺にて出家、得度
千葉県 清澄寺にて度牒式
山梨県 総本山身延山久遠寺で修行を終了し日蓮宗の僧侶となる
日蓮宗本部 宗務院に勤務
日蓮宗 海外布教師に任命されアメリカ、ボストンに5年間駐在
帰国後、埼玉県蓮田市で布教活動を開始
宗教法人 白蓮寺を設立し初代住職となる
日蓮宗本部 宗務院 国際課長に任命され現在に至る

立正大学 仏教学部卒
マサチューセッツ大学 哲学部卒